リコーやJR西日本コミュニケーション、AR用いた電車内広告の実証実験 6月17日から

2019年6月16日 日曜日 7:39 AM

リコーとリコージャパン、JR西日本コミュニケーションズは、拡張現実(AR)を用いた電車内広告の実証実験を、6月17日より開始する。

電車内の中吊り広告と「RICOH Clickable Paper」のスマートフォンアプリを連動させることで、中吊り広告から商品ページや動画などへの誘導することを目的としている。QRコードや特定のマーカーは不要で、紙面デザインを損なわずに印刷媒体の付加価値の向上につなげることができるほか、アクセスログをマーケティングデータとして活用できるという。

実証実験は第1弾として6月30日まで、京阪神エリアの電車内に展開する、「RICOH THETA」の中吊り広告で行う。

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内