JALとエアバス、A350の部品サポートで契約

2019年2月19日 火曜日 12:15 PM

日本航空(JAL)とエアバスは、部品サポートサービス「フライト・アワー・サービス(FHS)」コンポーネント・サービスの契約を締結した。

JALが導入するエアバスA350-900型機、エアバスA350-1000型機が対象となるもので、共同在庫の利用、主要拠点での在庫補充、部品修理といった部品サポートサービスによって、運航の信頼性を高めることができるようになる。

JALは2013年に、エアバスA350-900型機を18機、エアバスA350-1000型機を13機の計31機を発注している。今年半ばに引き渡され、東京/羽田〜福岡線に9月にも就航し、その後は国内主要路線や国際線で運航を行う。

詳細はこちら

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内