ANA、福岡空港にスイートラウンジ新設 ANAラウンジもリニューアルオープン

2019年2月7日 木曜日 10:55 PM

全日本空輸(ANA)は、福岡空港に「ANA SUITE LOUNGE」と「ANA LOUNGE」、室内型「ANA PREMIUM CHECK-IN」を2月7日、オープンした。

ANAでは主要5空港のラウンジを、建築家の隈研吾氏が監修し、「一期、一会」をコンセプトに順次リニューアルしており、新千歳空港、伊丹空港ではすでにリニューアルオープンしている。

「ANA SUITE LOUNGE」は、福岡空港には初めて設置する。天井は飛行機のフラップをイメージした装飾を施したほか、壁面はウォールナットを使用し、落ち着いたイメージに仕上げた。広さは500平方メートル、座席数は70席強を配置し、ホテルのラウンジのように過ごせるようにした。ラウンジ奥のセンターテーブルには座面の深いソファーを設置している。軽食はかさの家の「梅ヶ枝餅」を温かい状態で提供するほか、3月末までの期間限定で千鳥屋の「あまおうショコラどら焼き」を用意する。ビールは「アサヒドライプレミアム」「エビスビール」「一番搾りプレミアム」「プレミアム・モルツ」の4銘柄を揃えた。

「ANA LOUNGE」は、ビジネス客が多く滞在時間が短いことを考慮し、入口側にはベンチ型シートを多めに、奥は滞在時間が長い人向けにゆったりとした座席を多く配した。栓の木を使用した「大和壁」により、明るく軽やかなイメージとした。広さは600平方メートルでこれまでの約1.2倍、座席数も約200席と増やした。滑走路を一望できるカウンター席など、複数タイプの座席を設けている。ビールは「モルツ」「一番搾り」「サッポロビール」「アサヒスーパードライ」の4銘柄を用意した。

いずれも大テーブルには地域を表現する作品を展示。「ANA SUITE LOUNGE」には福岡の高取焼と博多人形、佐賀の白瓷(はくじ)、「ANA LOUNGE」には福岡の線香花火と博多人形、佐賀の有田焼と唐津焼をディスプレイした。

室内型のチェックインカウンターは、保安検査場やラウンジと直結しており、ストレスなく移動できる。保安検査場にはX線検査機を2台導入する。外壁やラウンジ受付は、越前手漉き和紙の「光壁」で高級感を演出した。

詳細はこちら

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内