観光列車「海里」、新潟・庄内DCでデビュー ダイニングカーも

2018年10月16日 火曜日 5:21 午後

JR東日本新潟支社は、2019年10月から開催する新潟県・庄内エリアデスティネーションキャンペーンに合わせ、新しい観光列車「海里」を新潟~酒田間で運行すると発表した。

列車のコンセプトは「新潟の食」「庄内の食」と「日本海の景観」。その魅力を感じられるような食事を車内で提供する。列車名の「海里」は、新潟県や庄内地方の豊かな海や里の美味しいものや景色を楽しんでもらえるようにという思いから命名した。

車両エクステリアは、「夕日」と「新雪」のダイナミックな融合をグラデーションで表現し、新潟の新たな風景の創出となるようなデザインとした。インテリアは、屋外の光を映し込ませて風景との一体感をつくることを目指した。

「海里」はディーゼルハイブリッド車両HB-E300系4両編成。1号車は2人掛けのリクライニングシート(30席)が中心。広々とした空間で、寛ぎながら日本海や越後・庄内平野、出羽三山といった景観を楽しめる。

2号車は全席4人掛けのコンパートメントシート車両(32席)。座席を引き延ばしてフルフラットにすることができ、足を延ばして寛げる。

3号車には売店を設けた。「新潟の食」「庄内の食」をメインに提供するほか、イベントスペースも設置される。

4号車はダイニング車両。「新潟の食」「庄内の食」を存分に堪能できる2人掛け・4人掛けシート24席を配置している。

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内