JALとガルーダ・インドネシア航空、包括的業務提携に合意 共同事業目指す

2018年9月6日 木曜日 3:57 PM

日本航空(JAL)とガルーダ・インドネシア航空は9月6日、インドネシア・ジャカルタのガルーダ・インドネシア航空本社で共同会見を開き、包括的業務提携に合意したと発表した。

10月28日より、両社が運航する日本とインドネシアを結ぶ路線、JALが運航する日本国内線と日本〜北米線、ガルーダ・インドネシア航空が運航するインドネシア国内線の一部路線で共同運航(コードシェア)を開始する。今後、コードシェアの拡大やマイレージ提携、将来的な共同事業を目指す。ガルーダ・インドネシア航空と全日本空輸(ANA)とのコードシェアは継続する。

コードシェアは、JALが運航する東京/成田〜ジャカルタ・ニューヨーク・ロサンゼルス線と東京/羽田〜札幌/千歳・名古屋/中部・福岡線、ガルーダ・インドネシア航空が運航する東京/羽田〜ジャカルタ線、東京/成田〜デンパサール線、ジャカルタ〜スラバヤ・ジョグジャカルタ線が対象となる。

JALからは藤田直志代表取締役副社長、ガルーダ・インドネシア航空からはパハラ・ヌグラハ・マンスリ代表取締役社長兼最高経営責任者(CEO)が出席した。

詳細はこちら

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内