フィリピン・エアアジア、大阪/関西〜マニラ線に今年下期にも就航へ NNA.ASIA報じる

2018年1月9日 火曜日 11:29 午前

フィリピン・エアアジアは、大阪/関西〜マニラ線に就航する意向であることがわかった。NNA.ASIAが報じた。

2015年冬スケジュールにも東京/羽田への就航を計画すると報じられていたものの、発着枠の割当を得られていない。NNA.ASIAの記事によれば、大阪/関西〜マニラ線は今年下期の就航を予定しているという。

大阪/関西〜マニラ線は、ジェットスター・ジャパン、ジェットスター・アジア、フィリピン航空、セブパシフィック航空の4社が運航している。大阪/関西へのエアアジアグループの乗り入れは、エアアジアX、タイ・エアアジアXに次いで3社目となるとみられる。

フィリピン・エアアジアは2010年に設立。2012年に運航を開始し、2016年1月には同じフィリピンの格安航空会社(LCC)であったゼスト・エアウェイズと経営統合を行い事業を拡大した。エアバスA320型機を16機保有し、セブやダバオなどフィリピン国内やクアラルンプールなどへ路線を展開している。

詳細はこちら

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内