ロシアがビザなしに? 2017年に行きやすくなる国とは【橋賀秀紀のフカボリ!】

■タジキスタンはEビザで入国が可能に
2016年6月以降、オンライン申請でのEビザで入国が可能となっている。最大45日まで滞在することができる。

タジキスタンEビザに関するサイト
https://www.evisa.tj/index.evisa.html

■ウズベキスタンは延期
中央アジアでもイスラム建築などが豊富で観光客に最も人気が高いウズベキスタン。4月1日から観光ビザの免除が予定されていましたが、2021年1月まで延期となりました。延期は延期でもなぜこれだけかかるのかは謎ですが…。

■ブラジルも予定?
2016年11月にロイターが報道したところによると、ブラジル政府は日本人などを対象にビザ免除を検討しているとのこと。ブラジルはリオオリンピック前後の期間、一時的にビザ免除を行いましたが、これを恒久化しようというものとなる。

brasiltips.com
http://brasiltips.com/visa-abolition/

■アメリカ入国と中東
ビザ取得とは関係ありませんが、中東好きとして気になるのはイラク、シリア、イラン、リビア、ソマリア、スーダン、イエメンに2011年3月以降入国した場合、ビザを取得しないとアメリカに入国できないというルール。筆者が知り得る限り、過去に入国があったとしても、パスポートが更新されてスタンプがない状態であれば、入国審査で把握する手段は原則的になさそうとなる。アメリカのビザは10年間有効ですが、費用は18,000円で領事面接もあり。このあたりは自分の行きたい国を天秤にかけて判断するしかなさそうとなる。しかし面倒臭いことこの上ないですね…。

■関連記事
ニューヨーク往復24,700円! 逃げ水セールをつかまえて【橋賀秀紀のフカボリ!】
南米へ6万円台の破格値、”おまけ”はJALのビジネスクラス【橋賀秀紀のフカボリ!】
ビジネスクラスで北米行きが12万円台、しかもダブルマイル!【橋賀秀紀のフカボリ!】
(続編)JALのファーストクラス&ビジネスクラスでアジア〜日本2往復が6.5万円の衝撃!【橋賀秀紀のフカボリ!】
海外でのクレジットカード決済はマスターカードが最強なのか?【橋賀秀紀のフカボリ!】

1 2