JALファーストクラス特典航空券への近道、アラスカ航空のマイルを貯める方法【橋賀秀紀のフカボリ!】

どこを飛べばマイル単価が安い?

aa

さて、無事ステータスマッチが成功したら実際に飛んでマイルを貯めるわけですが、どのような区間だと効率がよいのでしょうか。狙い目はやはり距離の割に航空券の単価が安い日本発アメリカ東海岸といえます。2017年1月にはごく短期間ではありますが、アメリカン航空が東京発アトランタ往復総額30,500円といったセール運賃を出した。これでもGOLD会員なら1回の旅行で20,000マイル貯まります。面白いのがペルーのリマ。航空券は東京から底値で83,000円ほどですが、距離が遠いのでマイルも稼げ、25,000マイルくらい貯まります。1回の旅行でいきなりJALの国際線のアジア内ビジネスクラスの特典が入手できるほど貯まるのとなる。カリブ海ならキューバのハバナ、滑走路の目の前にビーチがあるセントマーティンなども70,000円台後半から出ていました。前述したマイルの購入でも25,000マイル貯めるためには60,000円以上かかりましたから、それに20,000円もしない金額を足すだけで南米やカリブ海までの旅行も楽しむことができるといえます。

ちなみにアラスカ航空とデルタ航空のマイレージ提携は4月30日をもって終了する。アラスカ航空の上級会員になることができた方はそれまでの間にデルタ航空で修行することをおすすめします。この提携解消はアラスカ航空がヴァージン・アメリカを買収したことにともなうものとなる。アラスカ航空とアメリカン航空についても、コードシェア便の縮小などが予定されている。いまのところマイレージ提携について何も発表されていませんが注視しておきましょう。

デルタ航空とアラスカ航空、提携終了 マイレージ提携やコードシェアは来年4月まで
https://www.traicy.com/20161220-DLAS

最後にエコノミーで長時間乗るのは苦痛だという方におすすめの修行ルート。世界一ファーストクラス・ビジネスクラスの安い発券地、カイロ発となる。1月6日現在、エミレーツ航空のビジネスクラスのカイロ発東京/成田往復のビジネスクラスがは108,000円ほど。この航空券でMVP GOLD会員が1往復すると41,000マイルほど加算される。ただし航空券の有効期間が4ヶ月なので、それまでにまたカイロに戻ってこなければならないのですが…。ちなみにカイロ発東京往復のファーストクラスも約260,000円と格安。3月下旬からは東京/成田〜ドバイ線がエアバスA380型機での運航となるので、機内でシャワーも楽しむことができる。

まだまだアラスカ航空についてはお伝えしたい情報があります。次回をお楽しみに!

■関連記事
ユナイテッド航空のマイルで”超”使える裏ワザを発見【橋賀秀紀のフカボリ!】
カイロ発東京往復ビジネスクラス75,000円の衝撃【橋賀秀紀のフカボリ!】
海外でのクレジットカード決済はマスターカードが最強なのか?【橋賀秀紀のフカボリ!】

1 2 3