日本空港ビルデングら4者、ハバロフスク国際空港旅客ターミナル整備で覚書 最終合意目指す

2016年12月23日 金曜日 5:38 午後

HND

日本空港ビルデング、ハバロフスク空港会社、双日、海外交通・都市開発事業支援機構は覚書を締結し、ハバロフスク空港で旅客ターミナル整備運営事業を共同で実施するための協議を推進することを確認した。

共同でハバロフスク国際空港に新しい国内線ターミナルを建設し、運営を行うというもので、日本のインフラの海外展開の一環。4者は最終合意に向けた協議を加速する。

ハバロフスク空港はロシア極東地域の空港で、1954年に開港。4,000メートルと3,500メートルの滑走路を2本有している。日本との間はS7航空が東京/成田〜ハバロフスク線を週2便運航している。

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内