千葉内陸バス、全席にUSB充電用コネクタ付きの新型高速バス車両導入 羽田空港線などに投入

2016年12月15日 木曜日 12:19 午後

千葉内陸バス

京成グループの千葉内陸バスは、12月10日より全席USB充電用コネクタ付きの新型高速バス車両の運行を開始した。

車種は日野自動車製のセレガで、座席数は正席42席、補助席8席の52席。正席全てに1つ、充電用のUSBコネクタが設置されている。バスにはこの他に、トイレとプラズマクラスターイオン発生機が装備されている。

千代田団地・四街道駅・都賀駅・みつわ台駅・稲毛駅~羽田空港線と、ユーカリが丘・下志津・京成臼井駅南口・染井野南・内黒田入口・八木原小学校・千代田団地入口~東京駅・国際展示場駅・東雲車庫を結ぶ路線で運行する。

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内