セブパシフィック航空、セブ発着ビサヤ諸島3路線就航

2016年12月9日 金曜日 10:12 午前

セブパシフィック航空

セブパシフィック航空は、セブとカルバヨグ、オルモック、ロハスを結ぶ3路線を、11月19日に開設した。運航会社は子会社のセブゴー。

セブ〜オルモック・ロハス線は1日1便、セブ〜カルバヨグ線を週4便でを運航。使用機材はATR72-500型機。いずれもビサヤ諸島の都市で、セブパシフィック航空として初就航となる。これにより、フィリピン国内の就航都市は36都市、世界66都市に就航都市を拡大した。

運賃は、セブ〜カルバヨグ線は1,983フィリピン・ペソ、セブ〜オルモック線は1,647フィリピン・ペソ、セブ〜ロハス線は2,039フィリピン・ペソからとなる。

セブパシフィック航空は、エアバスA319型機6機、エアバスA320型機36機、エアバスA330型機6機、ATR72-500型機を8機、ATR72-600型機を2機の計58機を保有。2021年にかけて、エアバスA321neoを32機、エアバスA330型機を2機、ATR72-600型機を14機導入する。

詳細はこちら

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内