「三井アウトレットパーク クアラルンプール国際空港 セパン」、第2期開発計画に着工 2018年1月開業へ

2016年11月23日 水曜日 4:59 PM

三井アウトレットパーク クアラルンプール国際空港 セパン

三井不動産は、「三井アウトレットパーク クアラルンプール国際空港 セパン」の第2期開発計画に着工した。開業は2018年1月となり、約60店舗がオープンする予定。

第2期開発ではラグジュアリーブランドやインターナショナルブランドのラインナップの拡充に加え、ビューティ関連業態やエンターテインメント要素を導入する。店舗数は約190店舗となり、東南アジア最大級となる。2021年には第3期増床を予定しており、最終的には店舗面積約44,000平方メートル、店舗数は約250店舗となる見込み。

「三井アウトレットパーク クアラルンプール国際空港 セパン」は2015年5月30日、クアラルンプール国際空港敷地内に、クアラルンプール初の本格的アウトレットモールとして開業。三井不動産とマレーシア・エアポーツ・ホールディングス(MAHB)が設立した合弁会社MFMA DEVELOPMENT SDNが運営している。開業後1年間の施設売上は当初想定を上回っているという。

アクセスはクアラルンプール市街地から南に約60キロ、車で約50分。クアラルンプール国際空港から毎時2本から3本の無料シャトルバスも運行しており、自動チェックインシステムも設置している。

■関連記事
三井アウトレットパーク クアラルンプール国際空港 セパン、5月30日開業を決定 空港からの無料シャトルや荷物預かりも

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内