ルフトハンザ、オクトーバーフェストに合わせて客室乗務員が民族衣装を着用

2016年10月4日 火曜日 12:32 PM

LHoctober

ルフトハンザ・ドイツ航空は、ドイツ・ミュンヘンで開催される世界最大のビール祭り「オクトーバーフェスト」に合わせ、民族衣装に身を包んだ客室乗務員が乗務する。

この試みは10年連続となり、ミュンヘンを拠点とする民族衣装の老舗「アンゲルマイヤー」の衣装を客室乗務員2チームが着用。9月15日のミュンヘン発トロント、ワシントン行き、9月20日の上海、香港行き、10月2日のデンバー行き、10月3日のボストン行きの便でも客室乗務員が民族衣装を着用した。

昨年までと同様、客室乗務員はミュンヘンを出発する一部のヨーロッパ内路線でも民族衣装を着用。オクトーバーフェストの初日と最終日には、ルフトハンザシティーラインの客室乗務員も通常の制服の代わりにディアンドルを、ベオグラード、バーミンガム、クルジュ=ナポカ、ニース、オルビア、ジルト島に向かう便での着用が予定されている。

詳細はこちら

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内