スクート、香港〜シンガポール線から撤退 最終運航日は10月28日

2016年10月3日 月曜日 12:23 PM

スクート(メイン)

シンガポール航空傘下の格安航空会社(LCC)のスクートは、10月28日をもって、香港〜シンガポール線から撤退する。

現在は香港〜シンガポール線を、水・金・日曜の週3便、ボーイング787型機運航しており、この他に同じくシンガポール航空傘下の短距離線LCCであるタイガーエアが1日最大3便を運航している。スクートの撤退後は、タイガーエアがほぼ同じスケジュールで運航を引き継ぐ。機材はエアバスA320型機を使用する。

スクートとタイガーエアは、航空アライアンスの「バリューアライアンス」に加盟しており、予約システムを共通化することでスクートのホームページでタイガーエアのフライトの予約を行うこともできる。

■ダイヤ
TZ321 香港(07:00)〜シンガポール(10:40)/水・金・日
TZ322 シンガポール(01:55)〜香港(05:45)/水・金・日

詳細はこちら

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内