アメリカ運輸省、東京/羽田〜ロサンゼルス・ホノルル・サンフランシスコ・ミネアポリスの4都市へ昼間発着枠の割当を提案

2016年7月21日 木曜日 8:15 AM

アメリカ運輸省

アメリカ運輸省のアンソニー・フォックス長官は、東京/羽田とアメリカを結ぶ昼間時間帯の発着枠の割り当てを提案した。早ければ今秋にも就航する。

就航するのは、ロサンゼルス、ホノルル、サンフランシスコ、ミネアポリスの4都市。デルタ航空はロサンゼルスとミネアポリス線、ハワイアン航空はホノルル線、アメリカン航空はロサンゼルス線、ユナイテッド航空はサンフランシスコ線を申請している。このまま確定すれば、ミネアポリス線は新規路線となる。それ以外の路線は各社が深夜早朝枠ですでに就航しており、昼間への移管となる。

日本とアメリカ間の航空協議で合意した昼間の発着枠10枠のうち、5枠はアメリカの航空会社に割り当てられた。また、深夜早朝の発着枠は2枠に削減され、そのうち1枠はアメリカに割り当てられている。深夜早朝枠はすでにハワイアン航空のホノルル・コナ線に割り当てられている。

■関連記事
ユナイテッド航空、東京/羽田〜サンフランシスコ・ニューアーク線に就航を申請
デルタ航空、東京/羽田〜ロサンゼルス・ミネアポリス・アトランタ線の就航を申請
アメリカン航空、東京/羽田〜ロサンゼルス・ダラス/フォートワース線の就航を申請
ハワイアン航空、東京/羽田〜ホノルル・コナ線の就航を申請

詳細はこちら

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内