アシアナ航空、10月7日からエアソウルに日本路線を移管 長崎・山口宇部線に新規就航

2016年7月15日 金曜日 1:37 午後

アシアナ航空(メイン)

格安航空会社(LCC)のエアソウルとアシアナ航空は、10月7日よりエアソウルによるアシアナ航空の日本路線の運航を開始する。

いずれもソウル/仁川を結ぶ路線で、10月7日から高松線を週5便、10月8日から静岡線を週5便、10月18日から長崎線を週4便、10月20日から広島線を週5便、10月23日から米子線を週3便、10月31日から富山線を週3便、11月28日から山口宇部線を週3便就航する。10月18日から静岡線、10月19日から高松線はいずれも週5便に増便する。LCC化により、静岡と高松線では増便、長崎と山口宇部線では新規就航が実現した。

エアソウルは2015年4月にアシアナ航空の100%子会社として設立。12月には韓国国土交通部から航空運送事業免許を、2016年7月6日に韓国での事業許可を取得し、7月11日にソウル~済州に就航した。機材はエアバスA321-200型機で、日本就航時には3機体制となる。

■関連記事
エアソウル、ソウル/金浦〜済州線に7月11日就航 韓国国土交通部が許可
アシアナ航空、米子〜ソウル/仁川線をエアソウルでの運航に 日本の地方路線のほとんどを移管へ

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内