JALグループ、沖縄の子会社3社を7月に統合 新社名は「JALスカイエアポート沖縄」

2016年6月1日 水曜日 7:34 午後

JAL(メイン)

日本航空(JAL)は、沖縄で空港地上支援業務を担う子会社3社を7月1日に統合する。

新社名はJALスカイエアポート沖縄で、沖縄エアポートサービスが存続会社となり、JALスカイ那覇、JTAサザンスカイサービスが吸収合併される。株主はJALと日本トランスオーシャン航空(JTA)。資本金は3,300万円。

3社の統合で、外国航空会社からの地上支援業務の要請に機動的に対応できる空港運営体制を構築するとしている。

詳細はこちら

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内