トヨタ自動車、「Uber」に戦略的出資と協業へ 車両リースやアプリ開発も

2016年5月25日 水曜日 4:49 午後

UBER

トヨタ自動車は、スマートフォンを活用したハイヤーやタクシーの即時手配サービス「Uber」を運営するUber Technologiesと、ライドシェア領域における協業を検討する覚書を締結した。

両社は今後、利用者ニーズやビジネス環境、規制動向などを踏まえ、海外のライドシェアビジネスが拡大している国・地域で試験的な取り組みを始め、協業を模索していく。さらに、トヨタファイナンシャルサービスや未来創世ファンドからUber Technologiesへの出資を行う。

トヨタファイナンシャルサービスはUberのドライバーに車両をリースし、得た収入からリース料を得るサービスを構築する。Uber Technologiesが現在ドライバー向けに提供している、車両導入を支援する「Vehicle Solutions」プログラムに基づき、リース期間はニーズに応じて柔軟に設定可能とする予定。さらに、車載アプリの開発やトヨタ・レクサス車のUber社へのフリート販売など、様々な領域で協業の可能性を検討する。

詳細はこちら

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内