【速報】エアアジア・ジャパン、2018年度に11機体制で東京/成田をハブ化 中長距離線進出へ

2016年2月15日 月曜日 3:28 PM

エアアジア・ジャパン

エアアジア・ジャパンの井手隆司会長は、2018年にもエアバスA330型機を2機導入すると発表した。

2018年には東京/成田〜北京、天津、上海か無錫、北京、札幌/千歳、香港かマカオ、シンガポール線と名古屋/中部〜シンガポール線への就航を目指す。東南アジア線へはエアバスA330型機を投入する。これによりA320型機9機、A330型機2機の11機体制となる。香港や上海の発着枠は逼迫していることから、無錫やマカオなどの周辺空港への乗り入れも視野に入れる。

詳細は別途お送りする。

■関連記事
エアアジア・ジャパン、井手隆司会長講演「空港と地域の機能強化に向けて〜就航エアラインが地域に望むこと」【全文書き起こし】
【速報】エアアジア・ジャパン、2017年度に6機体制で中国本土やソウル・マカオに進出へ
【速報】エアアジア・ジャパン、2019年度にも台北ハブ化とホノルル線進出
【速報】エアアジア・ジャパン、2020年度にもシアトル就航 株式上場を目標に
エアアジア・ジャパン、前スカイマークの井手隆司氏と有森正和氏の役員就任を発表
エアアジア・ジャパン、札幌/千歳・仙台・台北/桃園〜名古屋/中部線の3路線に就航へ

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内