東京メトロ、日比谷線「虎ノ門新駅」の起工式開催 オリンピック前に供用開始へ

2016年2月9日 火曜日 11:19 午前

toranomon_new

東京地下鉄(東京メトロ)とUR都市機構は、日比谷線の霞ヶ関〜神谷町駅間の国道1号と環状2号線の交差点付近に虎ノ門新駅(仮称)を整備する起工式を、2月8日に開催した。今後、工事に着工する。

相対式2面ホームとなり、既存のトンネルに影響を与えないアンダーピニング工法を採用し、列車及びお客様の安全を確保しながら工事を進め、2020年東京オリンピック・パラリンピック開催前の供用開始、2022年度の最終完成を目指す。2020年にはホームと暫定改札口を地下1階に設置するものの、最終完成時にはは改札口を地下2階に移設する。

事業費は約170億円となる見込み。

■関連記事
東京メトロ、霞ヶ関〜神谷町駅間に新駅建設を正式決定!

詳細はこちら

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内