JR東日本、首都圏の在来線全路線の運転を午後8時以降取りやめ

JR東日本

JR東日本は、9月30日、台風24号の接近に伴い、首都圏の在来線全路線の午後8時以降の運転を取りやめる。

山手線などすべての路線が対象となり、夕方以降順次列車の運転を見合わせ、午後8時以降はすべての列車の運転を取りやめる。新幹線やその他の路線でもすでに運休を決めている列車がある。

東海道線、横須賀線、総武線、総武本線、成田線、中央線、中央総武線、山手線、京浜東北・根岸線、埼京線、川越線、高崎線、常磐線、水戸線、武蔵野線、南武線、横浜線、相模線、青梅線、五日市線、八高線、内房線、外房線、鶴見線、鹿島線、日光線、烏山線、東金線、水郡線、上越線、吾妻線、両毛線、信越線などが対象となる。中央線の高尾以西は午後5時以降、上野東京ライン、湘南新宿ライン、京葉線、伊東線は午後6時以降運転を取りやめる。

JR東日本では、早めの帰宅を呼びかけている。

Wifi 最安価格

中国

航空券比較

ベトナム行き

17,855