エアアジア・ジャパン就航記念レセプション、トニー・フェルナンデスCEO挨拶全文【全文書き起こし】

エアアジア・ジャパンが10月27日に中部国際空港で開催した、就航記念レセプションでのエアアジア・グループのトニー・フェルナンデス最高経営責任者(CEO)の挨拶全文をお送りする。

みなさまこんにちは。一応ここに原稿を用意して参りましたけれども、これとは違う内容をお話したいと思います。栗原さま、和田さま、井沢さま、空港長の船山さま、皆様お集まりいただきありがとうございます。そしてまた、中部国際空港CEOの友添さま、素晴らしいビデオをありがとうございました。多大なご支援をいただきありがとうございました。

マイケル・キムさま、株主の皆様にもお礼を申し上げたいと思うのですが、どちらにいらっしゃるのかわかりません。長年の友人のフィンテックの山中さん、変わったのは髪の毛がちょっとグレーになったくらいでしょうか。ノエビアの方、今日はお越しになっていないと伺っていますけれども、長年に渡って支援ありがとうございます。

身内を紹介し忘れましたけれども、エアアジアからも私の友人が参っていますし、秦氏はエアアジア・ジャパン社長とのことでこの3年間苦労したんですけれども、なんとか生き延びてくださいました。通訳が間違いを言わないといいんですけれど。今日で終わりにならないように。

まだセレモニーが始まってほんの数分ですけれども、皆様にはエアアジアという会社がどんな会社という雰囲気を充分に味わっていただけたのではないでしょうか。我々が誇っているもの、会社として誇っているのは人です。我々のスタッフは本当にユニークなスタッフばかりで、先程ラティータが歌を歌ってくれましたが、いろんな言語で歌うことができますし、ダンサー達、その中には1.5人の日本人も含まれていました。ハーフですので0.5人とカウントします。ちさとさんも素晴らしいダンサー、メイさんもそうですね。ユニークなクルーが差別化をして、他の航空会社とは違う特別な会社にしてくれていると思います。

1 2 3 4

Wifi 最安価格

カナダ

航空券比較

スペイン行き

55,335