トリップアドバイザー、冬休みの海外旅行先のホテルをお得に予約できる「宿泊予約の最適時期」を発表

トリップアドバイザー

トリップアドバイザーは、旅行者が冬休みの旅行(12月最後の2週間)に行くためにトリップアドバイザーを通じて予約した宿泊施設に関するデータを分析し、最もお得に予約できる時期を調査した「宿泊予約の最適時期」を発表した。

ニューヨークでは旅行直前に宿泊施設を予約した方が最大で25%オフになるのでまだ待つほうが賢明である一方、パリは11月初旬頃から年末にかけて予約すると23%以上お得に予約することができる。ドバイでは冬休み直前となる12月中旬頃まで待つことで、最大41%オフで予約することができるという。

trip016saiteki

ハノイは11月中旬までは比較的安い価格であるものの、それ以後値段が上がりはじめ、12月下旬頃には11月中旬と比べて最大17%ほど高くなってしまうため、なるべく早く予約をした方がお得になるということも分かっている。

トリップアドバイザーのシニア・コミュニケーション・ディレクターであるブルック・フェレンシック氏は「例えば12月の休暇のためにアメリカのホテルを探しているとします。もちろん一年を通してお得なホテルを探すことができますが、11月にトリップアドバイザーで予約すると、最高値と比べ約20%も安い価格で予約することができます。トリップアドバイザーの予約データを見ると、目的地によって各ホテルの価格が、週ごと変化するのがわかります。この『宿泊予約の最適時期』を参考にすれば、お得な価格でホテルを予約することができるでしょう。」と述べている。

詳細はこちら