日本とフィジー、航空協議開催 現在は直行便の運航なし

国土交通省

国土交通省は、日本とフィジー間の航空協議を、7月6日から7日までの間、フィジーのスバで開催すると発表した。

日本側からは水田早苗航空局航空交渉官ら、フィジー側からはシャヴィル・マハラージ民間航空庁司法長官室行政官らが出席する。

現在、日本・フィジー間は直行便は運航されていない。日本政府観光局の統計による人的流動は、2014年には日本から5,900人、フィジーから700人。2011年から年々減少している。2009年3月までは、エア・パシフィック航空(現フィジー・エアウェイズ)が、東京/成田〜ナンディ線を運航していた。

フィジー・エアウェイズは2016年にシンガポール〜ナンディ線に就航。香港にも就航しており、日本からは乗り継ぎでアクセスすることができる。

■関連記事
フィジー・エアウェイズ、アジアに強い関心 既に2都市への就航決定も現時点で公表できず

詳細はこちら