オランダのUポート・ワークス、史上最深地点まで潜れる観光用潜水艦発表 クルーズ船からも操作可能

sensui

オランダのUボート・ワークスは、「クルーズサブ5」、「クルーズサブ7」、「クルーズサブ9」の、観光用の3種類の新型高級潜水艦を発売した。「クルーズサブ5」と「クルーズサブ7」は、最深1,140メートルまで潜水可能で、史上最深地点まで潜水できる観光潜水艦となる。

クルーズ船などからも操作可能で、従来と比べて窓は大きく、全員が最前列で見られるほど大きな2枚のアクリル球面であることから眺めが良いだけでなく、12時間ノンストップで、バッテリーで動くことができることから、海洋の環境に影響を与えないとしちえる。

Uボート・ワークスのバート・ハウトマン創立者兼会長は、「わが社のクルーズ船事業がクルーズサブ・シリーズ開発に拍車をかけました。富裕層向けの深海探検に焦点を合わせることを目的とした、サンゴ礁の海底小旅行の多数催行に重点を置いたクルーズサブは、最高のゲストの体験を提供できるよう最適化されています」と述べている。