気象庁、強風と暴風雪などに注意呼びかけ ANAは機材調整で一部便の欠航決める

kisyocho

気象庁は、1月23日から24日にかけて、日本上空に非常に強い寒気が入り、強い冬型の気圧配置となるため、全国的に風が強まり、西日本を中心に暴風雪、高波、大雪の可能性があるとして警戒を呼びかけている。

非常に強い寒気は西日本から沖縄・奄美にかけて流れ込む予想で、25日にかけて冬型の気圧配置が続く見込み。特に北陸や沖縄では最大瞬間風速が30メートルとなる非常に強い風が予想されているほか、西日本を中心に猛吹雪となる所がある見込み。

23日午後6時までの積雪は、東北・近畿・中国地方では30センチ、北陸地方では20センチ、関東甲信・東海・四国・九州北部地方では10センチから15センチとなり、さらに24日午後6時までの24時間に、北陸地方で60センチから80センチ、東北・近畿地方で40センチから60センチ、中国地方で20センチから40センチ、九州地方で10センチから30センチの降雪となる見込み。

全日空(ANA)は、23日と24日に東京/羽田を発着する一部便で機材調整のため欠航をすでに決定した。また、23日に稚内・大館能代・庄内・東京/成田・東京/羽田・鳥取・米子・萩 石見・岡山・広島・高松・五島福江、24日に新潟・能登・富山・小松・大阪/伊丹・大阪/関西・神戸・鳥取・米子・石見・岡山・広島・岩国・山口宇部・高松・松山・福岡・佐賀・大分・熊本・長崎・対馬・五島福江・鹿児島を発着する便で運航への影響が予測されることから、無手数料での変更や払い戻しを受け付けている。

日本航空(JAL)は、23日午後以降に福岡を発着する便と、24日に秋田・新潟・小松・但馬・隠岐・出雲・広島・山口宇部・高松・松山・福岡・北九州・大分・長崎・熊本・鹿児島・種子島・屋久島を発着する便で運航への影響が予測されることから、無手数料での変更や払い戻しを受け付けている。

スカイマークは、23日正午以降に東京/羽田・茨城・福岡を発着する便と24日に東京/羽田・茨城・名古屋/中部・神戸・福岡・長崎・鹿児島を発着する便で無手数料で変更や払い戻しを受け付けている。

詳細はこちら