最も安全な航空会社、トップはカンタス航空 日本の2社もランクイン

カンタス航空(メイン)

航空格付け会社のエアラインレイティングス(AirlineRatings.com)は、モニターしている航空会社407社から2016年の最も安全な航空会社トップ20を発表した。

トップとなったのは3年連続でカンタス航空となった。トップ20はアルファベット順に、ニュージーランド航空、アラスカ航空、全日空(ANA)、アメリカン航空、キャセイパシフィック航空、エミレーツ航空、エティハド航空、エバー航空、フィンランド航空、ハワイアン航空、日本航空(JAL)、KLMオランダ航空、ルフトハンザ・ドイツ航空、スカンジナビア航空、シンガポール航空、スイス・インターナショナル・エアラインズ、ユナイテッド航空、ヴァージンアトランティック航空、ヴァージンオーストラリア航空となった。日本の航空会社は2社がランクインした。

エアラインレイティングスでは、運航安全性ではほとんど差がないためトップ20はランク付けしないものの、総合的に傑出した航空会社としてカンタス航空を選んだ。

エアラインレイティングスのジェフリー・トーマス氏は、「われわれの最も安全な航空会社は常に安全性のイノベーション、運航の卓越性、最新機投入の最前線にいる」と語った。

詳細はこちら