楽天トラベル、「2015年に人気が急上昇した国内旅行先トップ10」を発表

金沢

楽天トラベルは、2015年に人気が急上昇した国内旅行の人気エリアトップ10を発表しました。さらに、「国内旅行先ランキング」でトップ10に輝いたエリアの宿から限定特典付き「2015年感謝」宿泊プラン1,000プラン以上の販売を開始しています。

2015年に人気急上昇の国内旅行先の1位は北陸新幹線が開業した石川県となりました。北陸新幹線開業に伴い宿泊予約が急上昇した石川県は「開業前」の予約も好調で、2014年の年末年始旅行では、全国伸び率3位の前年同期比25.9%増と、すでに石川県への注目度は高まっていました。その後、春旅で1位(53.6%増)、GW旅行で4位(102.3%増)、夏旅行で3位(77.0%増)、秋旅行で3位(97.8%増)と常に伸び率上位をキープし、開業前から後にかけて人気が衰えることはありませんでした。特に北陸新幹線の終点である金沢駅周辺エリアや能登半島といった石川県内周遊旅行なども人気となっています。

2位には2年連続で2位にランクインした和歌山県。2015年は高野山が開かれて1200年の節目の年となり、橋本・高野山エリアは56.6%増と好調でした。また、双子のパンダの誕生で盛り上がるテーマパーク「アドベンチャーワールド」周辺の南紀白浜・龍神エリアは同46.2%増と伸張。また、8月に発行された「ふるさと旅行券」の利用も好調で、同県への宿泊需要が盛り上がりました。

3位には2014年の年間伸び率ランキングで見事1位を獲得し、話題となった佐賀県がランクイン。特に嬉野温泉・武雄温泉が福岡県からのアクセスの良い温泉旅行先として人気を集めています。また、佐賀県全域では10月より「ふるさと旅行券」『佐賀県 食の宝庫さが・宿泊クーポン』の発行が行われ、佐賀グルメが注目されました。

■2015年に人気が急上昇した国内旅行の人気エリアトップ10 ※括弧内は伸び率
1位:石川県(+40.1%)
2位:和歌山県(+35.7%)
3位:佐賀県(+33.2%)
4位:富山県(+32.0%)
5位:大分県(+28.7%)
6位:群馬県(+25.7%)
7位:長野県(+25.0%)
8位:広島県(+24.3%)
9位:奈良県(+24.0%)
10位:長崎県(+23.8%)

詳細はこちら