シンガポール航空、デュッセルドルフに来夏就航 エアバスA350型機で週3便

800x600_1444815232_A350_XWB_Singapore_Airlines_paint_completed

シンガポール航空は、2016年7月21日より、シンガポール〜デュッセルドルフ線に就航すると発表した。

シンガポール発は月・木・土曜、デュッセルドルフ発は火・金・日曜の週3便を運航する。これにより、1日2便を運航しているシンガポール〜フランクフルト線と、フランクフルト〜ニューヨーク線、シンガポール〜ミュンヘン線、ミュンヘン〜マンチェスター線を合わせてドイツを発着する週38便を運航することになる。

機材はエアバスA350-900型機を使用する。同型機は来年1月にもエアバスから引き渡される予定。

■ダイヤ
SQ338 シンガポール(23:30)〜デュッセルドルフ(06:30+1)/月・木・土
SQ337 デュッセルドルフ(11:30)〜シンガポール(06:10+1)/火・金・日

詳細はこちら