沖縄の本部や熊本が新たにランクイン Hotels.com、訪日外国人に人気の国内旅行先を発表

Hotels.comは、世界の主要都市にあるホテル宿泊料金を定期的かつ独自に調査するHotel Price Index(HPI)の2015年度上半期(2015年1月~6月)の調査を行い、その結果から訪日外国人旅行者の国内人気滞在先トップ20を公開しました。

main_convert_20151023110158

ランキングでは、引き続き東京、大阪、京都がトップ3を維持しています。今回の調査では新たに沖縄の本部と熊本市がトップ20にランクイン。また沖縄では那覇を含む5つのエリアが選ばれています。新たにランクインした本部には世界ベストホテルランキング第9位の「ホテルオリオンモトブリゾート&スパ」があり、その人気も加わっていると考えられます。

sub1_convert_20151023110143

さらにアジアの5大市場の人気滞在ランキングを見てみると、日本の都市が上位にランクインしており、アジア人にとって日本は引き続き行ってみたい国であるようです。

Hotels.comの日本地区マーケティングマネージャーの生駒千絵氏は、「訪日外国人にとってユーザーからの正直な口コミが豊富なHotels.comは、日本各都市のホテルや旅館などを選ぶ際に有益な情報をもたらす便利な宿泊予約サイトであると確信しています。日本政府観光局によると、2020年に向けさらに外国人は増加すると予測されていますが、Hotels.comは全国各地の様々な宿泊施設をご紹介していますので、大都市への観光だけでなく、地方へも訪問していただき、日本独自の文化などにも触れていただきたいですね。」と述べています。

■関連記事
世界5位に北海道のビジネスホテル エクスペディア、「世界ベストホテルランキング」を発表

詳細はこちら