宿泊施設活性化機構、日本宿泊ダボス会議を2月15日に開催

宿泊施設活性化機構(JALF)は、第6回日本宿泊ダボス会議を、2月15日に衆議院第一議員会館国際会議場とオンラインで開催する。

「「分散型ホテルとアルベルゴディフーゾ〜SDGsの観点から、あるものを活かす地方創生〜」をテーマに、SDGsや投資回収の観点から、宿泊施設が地域創生に果たす役割の重要性を考える。

観光庁や瀬戸内ブランドコーポレーション(せとうちDMO)、アルベルゴディフーゾ協会日本支部、日本唯一のアルベルゴディフーゾである岡山県矢掛町の町長などが講演する。

開催時間は午後3時から6時30分まで、DMO関係者や公務員、日本観光振興協会とJALF会員が参加できる。申込締切は2月14日正午。