エキナカ自販機で”一風堂のとんこつラーメンスープ”販売

JR東日本クロスステーション ウォータービジネスカンパニーは、力の源ホールディングスが展開する一風堂が監修した「コクと旨味の一風堂とんこつラーメンスープ」を10月12日に発売する。

コロナ禍のオフピーク通勤で、「夜軽食ニーズ」が高まっているといい、特に缶スープの売上は、夕方から夜の時間帯にかけて伸びているという。

「エキナカで温かく美味しいものを手軽に」という想いから、一風堂に監修を依頼し、麺や具材が入っていなくても十分に満足できる一品に仕上げたという。油の量を減らして飲みやすくしたほか、塩分濃度をラーメンより下げ、バランスの良い味になるように工夫した。

エキナカの自動販売機「acure(アキュア)」のほか、JR東日本クロスステーション ウォータービジネスカンパニーの通信販売、一風堂オフィシャルオンラインストアで販売する。内容量は190グラム、価格は150円(税込)。