スターフライヤー、国際線全便の運休期間延長 来年3月26日まで

スターフライヤーは、新型コロナウイルスの感染が拡大による需要減退が続いていることから、国際線全路線の運休期間を2022年3月26日まで延長した。

名古屋/中部・北九州〜台北/桃園線の国際線2路線をいずれも1日1便運航していた。両路線ともに、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、2020年3月11日から運休を継続している。

詳細はこちら

B!