ホテルニューオータニ、「尾崎牛」の牛丼を提供 館内2か所のレストランで5,300円

ホテルニューオータニでは、月間出荷数わずか30頭の「尾崎牛」を使用した「尾崎牛丼」を、館内2箇所のレストランで提供している。

2019年「即位の礼 晩餐会」で世界190カ国の国賓をもてなした宮田勇氏が尾崎牛丼を手掛ける。「尾崎牛丼」では希少価値の高い尾崎牛の中でも、希少部位の「三角バラ」と「クラシタ」を使用している。タレは本かつお節、ソウダ節の2種類の鰹節に、煮干しから旨みを抽出した和出汁と白ワインを合わせたオリジナルブレンド。お米は岩手県軽米町産のあわ、たかきび、アマランサスなど8種の国産雑穀を独自配合でブレンドした「Jシリアルライス」か白米から選べる。

料金は5,300円(税込)で、サービス料は別途必要。日本料理「KATO’S DINING & BAR」、オールデイダイニング「SATSUKI」で提供する。

詳細はこちら