ANA、羽田空港の保安検査場に「フラッパー付き自動ゲート」を導入

全日本空輸(ANA)は、羽田空港第2ターミナルの保安検査場に、「フラッパー付き自動ゲート」を導入する。

保安検査場入り口でのバーコードやICカードなどによる搭乗確認をセルフ化し、非対面や非接触化を図るもの。バーコードやICカードを自動読み取り機にタッチすると、黄色い保安検査証が発行され、受け取るとフラッパードアが開く仕組み。

5月11日に保安検査場A、5月12日に保安検査場Bにそれぞれ6台を設置する。保安検査場CとDへの導入は未定で、運用状況を確認し、今後検討する。(画像:ANA)

詳細はこちら

B!