相鉄、2021年春のダイヤ改正で終電繰り上げ 最大20分程度

2020年11月22日 日曜日 7:15 午前

相模鉄道(相鉄)は、2021年春に予定しているダイヤ改正において、終電時刻を繰り上げると発表した。

安全対策に関する作業時間の確保、作業員の働き方の見直し、利用動向の変化などのため、深夜時間帯の運行設定を見直し、上り列車、下り列車とも終電時刻の繰り上げなどを実施する。実施にあたっては、過度な混雑とならないように十分配慮し、必要により混雑対策として、終電前に臨時列車の増発を検討するという。始発時刻の繰り下げは実施しない。

平日ダイヤでの繰り上げ時間の目安は、本線の二俣川~海老名駅間の下りと横浜~二俣川駅間の上り、いずみ野線の上りが20分程度、本線の横浜~二俣川駅間の下りといずみ野線の下りが15分程度。本線の二俣川~海老名間の上り、相鉄・JR直通線では実施しない。

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内