ユナイテッド航空、カリブ海やメキシコなどへの運航拡大 台北線再開も

2020年10月15日 木曜日 1:57 午後

ユナイテッド航空

ユナイテッド航空は、11月にカリブ海とメキシコのビーチリゾートへの運航便数を増やすなど、運航路線や便数を拡大する。

ワシントン/ダレス〜キーウェスト線を開設するほか、サンフランシスコ〜タンパ線、デンバー〜マイアミ線の運航を再開する。さらにロサンゼルス〜マウイ線を増便する。

国際線は、デンバー〜フランクフルト線とサンフランシスコ〜台北/桃園線を週3便で再開するほか、ヒューストン〜フランクフルト線とサンフランシスコ〜ソウル/仁川線を週5便に増便する。

ラテンアメリカとカリブ海路線は、ヒューストン〜サンティアゴ・リオデジャネイロ線を週3便で再開するほか、アンティグア、キュラソー、グランドケイマン、マナグア、ナッソー、セントルシア、ロアタンを含むカリブ海と中央アメリカの7都市への運航も再開する。カンクン、コスメル、カボサンルーカス、プエルトバジャルタへのサービスも拡大する。

これにより11月の運航便数は、10月と比べて4%増加した44%となる。

また、新設する国際線3路線の航空券の販売も10月3日より開始した。シカゴ〜デリー線は12月10日から、ニューヨーク/ニューアーク〜ヨハネスブルグ線は2021年3月27日からサンフランシスコ〜バンガロール線は2021年5月6日から、それぞれ運航を開始する。

詳細はこちら

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内