東海汽船、小笠原・父島へのさるびあ丸試験航海を実施 来年以降おがさわら丸の代船に

2020年10月14日 水曜日 7:41 午前

東海汽船 さるびあ丸(3代目)

東海汽船は、同社の運航するさるびあ丸の、小笠原諸島・父島への試験航海を実施し、父島・二見港に10月13日に入港した。

さるびあ丸は、おがさわら丸のドック期間に、東京〜小笠原航路の代船として運航することが明らかになっており、今回の試験航海は準備の一環とみられる。

今年竣工したさるびあ丸は、全長118メートル、幅17メートル、航海速力は20ノット(時速約38キロ)。客室・客席は従来と同様、特等室、特1等室、1等室、特2等室、2等和室、2等椅子席の6種類に分かれており、旅客定員は1,343人。うち733席が指定席となっている。

■関連記事
東海汽船、6月25日就航の3代目「さるびあ丸」を公開

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内