高輪ゲートウェイ駅、2020年度グッドデザイン賞に選定

JR東日本は、3月に開業した山手線の新駅「高輪ゲートウェイ駅」が2020年度グッドデザイン賞に選定されたと発表した。

高輪ゲートウェイ駅は、同社が進める都市開発計画「品川開発プロジェクト」の核として山手線・京浜東北線の品川~田町間に3月14日に開業した新駅。構内は都心部の駅としては珍しい吹き抜け構造で、折り紙をモチーフとした大屋根と開放感のあるガラスの側面が特徴。設計は隈研吾氏が担当した。

グッドデザイン賞の審査委員は評価コメントで、「生活を支えるモビリティが大きく変わろうとしている今、鉄道駅舎の機能やプログラムも大きく変貌しつつあり、自ずと駅のデザインにも大きな変化が必要となっている状況に至っている」と分析したうえで、「(高輪ゲートウェイ駅は)新たな駅の在り方、デザインを目指すものとして評価に値する」としている。

JR東日本からはこのほか、電車専用トレーニングアプリ「’TRAIN’ing」、商業施設「プレイアトレ土浦」、西日暮里駅の交流拠点「エキラボ niri・西日暮里スクランブル・西日暮里エキマド」、視覚障害者誘導用ブロック「バリフリカバー」の4件がグッドデザイン賞を受賞した。

■関連記事
きょう開業の山手線「高輪ゲートウェイ駅」 注目すべきポイントを一挙紹介