シンガポール航空、駐機中のA380機内でレストラン開設 自宅で機内食を楽しめる体験も

2020年9月29日 火曜日 5:17 午後

シンガポール航空は、「Discover Your Singapore Airlines suite of experiences」を開始する。

10月24日と25日に開催する「Restaurant A380 @Changi(レストランA380@チャンギ)」では、エアバスA380型機の機内で食事を楽しめる。食事は各クラスの特別メニューから選択でき、シンガポールの著名シェフであるシャーメイ・リー氏が特別に考案した最高峰のプラナカン料理のほか、シンガポール航空の代表的なメニューも対象となる。

食事前の限定ツアーにも参加できる。伝統衣装を着て参加した人には、機内販売「KrisShop」の割引や限定グッズなどの特典も用意する。予約受付は10月12日より開始する。

また、学校の休暇期間となる11月の週末には、トレーニング施設の舞台裏を見学できる「Inside Singapore Airlines」を開催する。子供はバルーンアートや、客室乗務員の代表的な制服「サロンケバヤ」と同じ模様の布で作るバティック・ローズ作り、大人はフルフライトシミュレーター体験、機内で提供するワインの試飲など、様々なアクティビティを用意する。開催日は11月21日・22日・28日・29日で、11月1日から予約を受け付ける。

さらに、機内食を自宅で楽しめる「SIA@Home」は、ファーストクラスとビジネスクラスの10種類の中から選択できる。メニューは、シンガポール航空が運航している東京、シドニー、ニューデリー、パリに思いを馳せ、京都の老舗料亭「菊乃井」の主人・村田吉弘氏やジョルジュ・ブラン氏をはじめとするシンガポール航空のインターナショナル・カリナリー・パネルから4人のシェフが監修したメニュー。どのメニューにも、看板メニューであるサテーを含んでいる。ワインやシャンパンも用意するほか、アメニティなども提供する。

これらはすべて、KrisShopのウェブサイトから予約が可能で、マイルを使って申し込むことや貯めることもできる。

当初は遊覧フライト「flight to nowhere」や短時間フライトも検討していたものの、市場調査による総合的な見直しの結果として、提供しないことにしたという。

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内