JALのラウンジカレーを再現しようと、カレー皿から買いに行った話【コラム】

2020年9月19日 土曜日 7:28 午後

コロナ禍で、海外旅行が実質的に禁止されて早半年。当然、あの”ラウンジカレー”もお預け状態で、禁断症状が出ている人がいるとかいないとか。

”ラウンジカレー”こと、「JAL特製ビーフカレー」とは、日本航空(JAL)の羽田・成田空港の「サクララウンジ」と「JALファーストクラスラウンジ」で提供しているカレーのこと。ラウンジの入室資格がある、プレミアムエコノミークラス以上の利用者やマイレージプログラムの上級会員しか食べることができず、”儀式”として出発前に必ず食べるという人も多い。

今年6月からは、JALグループのJAL Agriportが運営するレストラン「DINING PORT 御料鶴」でも提供を開始。ついにラウンジ外に解禁となったと大きな話題となった。

JAL機内で提供しているコンソメスープや「スカイタイム」といったドリンクや、飴「キャンディデスカイ」、ミニカップ麺「ですかい」シリーズは一般販売しており、自宅でも楽しめる。このカレーだけはラウンジ、レストラン以外では楽しめなかったものの、ついに「JALショッピング」で一般販売を開始したのだ。

この記事は、弊社内で実際にあの”ラウンジカレー”を再現しよう、という事になった顛末記である。

「JAL特製ビーフカレー」は、JALショッピングなどで販売中

JAL特製ビーフカレー

すでにTRAICYでも取り上げているが、この「JAL特製ビーフカレー」は、JALショッピングで購入するか、マイルを交換することで手に入れることができる。

JALショッピングで購入する場合、1キロ2袋で6,000円。マイル交換の場合は、1キロ2袋で8,000マイル、1キロ4袋で14,000マイルだ。

筆者が常備食とする、皆さんおなじみの「アパ社長カレー」は、1袋200グラム。つまり、1キロは5食分に相当することから、1食あたり600円か800マイルということになる。ちなみに「アパ社長カレー」は1食390円だ。2キロのカレーは、筆者のような一人暮らしの人には充分すぎる量である。

詳細は記事を参照していただきたい。

ラウンジ提供の「JAL特製ビーフカレー」、ネット販売とマイル交換開始
https://www.traicy.com/posts/20200827179805/

1 2 3

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内