台風10号、記録的な大雨や暴風などのおそれ 沖縄奄美・九州直撃へ

2020年9月5日 土曜日 3:08 午後

気象庁は、特別警報級の台風10号に対して、最大級の警戒を呼びかけている。

非常に強い台風10号は、6日未明には大東島地方へ、6日午後にかけて奄美地方へ特別警報級の勢力で最も接近する見込み。その後も特別警報級の勢力を維持したまま北上を続け、6日午後から7日にかけて九州に接近または上陸するおそれがある。

台風10号は、5日午前10時には、南大東島の南南東約200キロにあって、1時間におよそ15キロの速さで北西へ進んでいる。中心の気圧は920ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は50メートル、最大瞬間風速は70メートルで、中心から半径280キロ以内では、風速25メートル以上の暴風となっている。

台風の接近に伴い、沖縄地方では大東島地方を中心に次第に風が強まり、6日にかけて暴風となる見込み。奄美地方や西日本でも、6日から7日にかけて暴風となる所がある見込み。特に沖縄地方や九州南部・奄美地方では、最大瞬間風速が80メートルに達する予報で、一部の住家が倒壊するおそれがある猛烈な風が吹く見込み。記録的な暴風、それに高波、高潮に最大級の警戒が必要。

また、前線が日本海北部から西日本へのび、この前線に向かって、南海上から暖かく湿った空気が流れ込んでいるため、西日本から東日本では大気の状態が非常に不安定となっており、西日本では雷を伴った非常に激しい雨の降っている所がある。この状況がしばらく続く見込みで、西日本から東日本の太平洋側では、7日にかけて東から南斜面を中心に総雨量が多くなり、大雨となるおそれがある。広い範囲で大雨に警戒が必要で、台風が接近する地域では記録的な大雨に最大級の警戒が必要。

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内