マイナポイント、今日からスタート 確実にもらえる7,000円還元のWAONがおすすめ【コラム】

2020年9月1日 火曜日 11:42 午前

マイナポイント

政府は、消費の活性化やマイナンバーカード普及促進などを目的に「マイナポイント事業」を実施する。決済事業各社が事業の実施について順次発表している。

マイナポイント事業の概要

マイナポイント事業では、20,000円のキャッシュレス決済の利用などで、25%がプレミアム(ボーナス)として還元される。上限は5,000ポイント。還元期間は9月から2021年3月末まで。

マイナポイント

マイナポイントをもらうために最初に必要なのは、マイナンバーカードだ。還元開始時にマイナンバーカードを持っていなくても、約4,000万人のポイント還元の上限に達する前ならば還元を受けることができる。

マイナポイントの予約・申込に必要なものは、マイナンバーカードとカードの暗証番号、それに還元を受けたい決済サービスのアカウントだ。詳細の説明は省くが、交通系ICカードと同じFelica規格のマイナンバーカードを読み込めるスマートフォンやパソコンがあれば、自分の端末でマイナポイントの「予約・申込」ができる。噛み砕いて言えば、iPhone 7以降か、おサイフケータイ対応のAndroid端末は概ね自分の端末でマイナポイントの申し込みができる。それらの端末が無くても救済手段があるため、公式ポータルサイトを確認いただきたい。

「予約・申込」は、具体的には還元を受けるために、マイナンバーカードと各決済サービスを紐付ける行為となる。ただ、総務省によれば、マイナポイントの還元にはマイナンバーカード内の電子証明書を使用するため、決済事業者に自分のマイナンバー自体が渡ることはないとしている。

総務省は「マイナポイントの予約者数が予算の上限に達した場合には、マイナポイントの予約を締め切る」としているが、当面の間は上限に達することはないという見方が多い。

ただ、「予約・申込」にて「落とし穴」がある。それは一度申し込んだ決済サービスを変更することができないことだ。キャンペーンの詳細の発表がされていない事業者もある中で変更不可というのは、利用者のみならず参加事業者にとっても不親切・不平等を感じずにいられない。

なにはともあれ、このマイナポイント事業を最大限活用するためには、20,000円を利用できるような身の回りの決済サービスの中で、どれが一番好条件であるかを見極めるのが大切だ。政府からの還元に加えて独自で施策を行い、利用者を囲い込もうとする事業者もあり、それらのキャンペーンの把握・分析が活用の鍵になる。

現段階ではWAONの35%・7,000円還元が光る

マイナポイント WAON

各社熾烈なマイナポイント戦争を行っているが、おすすめはWAONの最大7,000円還元だ。

マイナポイントを申し込んだWAONで20,000円チャージすることで、7,000円分のWAONを後日受け取ることができる。

さらに登録をJMB WAONとし、JALカードでチャージした場合、チャージ額に応じたマイルも獲得できる。

WAONはイオンやマックスバリュ、ミニストップなどのイオングループの店舗に加え、ファミリーマート、ローソン、セイコーマート、ポプラなどの主要コンビニ、多くのドラッグストアなど、全国73万9千箇所(7月現在)で利用できる。

WAONが優れているのは、WAON自体に有効期限がなく、マイナポイントとして付与されるWAONにも受け取り期限を設けないところだ。対象期間に条件を満たしてチャージした時点で、マイナポイントの付与が確定する。

煩雑な手続きなども不要のため、マイナポイントの手続きは面倒だけど、なるべく多く還元を受けたいというなら、様々な場所で利用可能なWAONがおすすめだろう。

詳細はこちら

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内