100円で3マイルが貯まる!? 黒いカードの正体を探ってみた【橋賀秀紀のフカボリ!】

2020年8月26日 水曜日 2:05 午後

ユナイテッド航空

みなさんご無沙汰しております。トラベルジャーナリストの橋賀秀紀です。3月以降海外にまったく行けないどころか、Go To トラベルキャンペーンも東京都在住で弾かれ、失意の日々(?)を送っています。みなさまいかがお過ごしでしょうか。

昔から、「守備にスランプはない」という野球の格言があります。マイレージ界でそれをいうのならば、「陸マイルにスランプはない」ということになります。なにしろ、海外に行かなくても、国内旅行をしなくても、とにかく日常生活でお金を使うかぎり、マイルが貯まるわけですから。

そんなマイレージの世界の常識は、100円につき1マイルの積算率。ところが期間限定とはいえ、100円で約3マイルが積算されるという、とんでもないクレジットカードが登場したのです。

その名は「MileagePlus セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード」。すでにVISAカードが存在していた、「MileagePlus セゾンプラチナ」に新たにアメリカン・エキスプレスが加わったわけです。「MileagePlus セゾンプラチナ」のマイレージ積算率は1,000円で15マイル。100円でほぼ1.5マイルですから、通常のマイル提携カードの約1.5倍ということになります。ですが、10月31日までに「MileagePlus セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード」に入会すると、12月31日までの利用分について、約4ヶ月にわたってすべての買い物の積算率が1,000円につき30マイル、つまり100円につき約3マイルというトンデモない積算率になるのです。

世の中、うまい話には裏があるとお思いの方もいらっしゃるかもしれません。ご明察です。このカード最大の欠点はずばり年会費。プラチナカードですから仕方ないとはいえ、55,000円(税込)もします。

年会費の高さもボーナスマイルでチャラ?

ここで「ああ高すぎる、お話にならない」と思われる方、ちょっと待ってください。

まずはこちらのリンクから入会すると、入会時に10,000マイル積算され、さらに入会月の翌々月の月末までにショッピングで60万円以上(税込)利用すると、15,000マイルのボーナスマイルが加算されます。つまり、60万円以上利用すると、ボーナスマイルが計25,000マイルとなります。仮に1マイルの価値を2円と仮定すれば、年会費55,000円のうち、50,000円は元がとれたことになります。

さらに9,900円(税込)で家族カードをつくり、カード発行の翌月末までにNetアンサーよりキャンペーンエントリーのうえ、ショッピング30万円以上(税込)利用すれば5,000マイル獲得できますが、これはそれほどトクとはいえません。

もちろん年会費の元をとっただけでは意味がありません。あとは買い物をすればするほど、マイルが加算されるわけですから、高額決済をする人ほど、このカードは”おいしい”といえます。その点、「MileagePlus セゾンプラチナ」は、マイル移行の限度額がないので、クレジットカードの決済額をすべてマイルに移行することができます。仮に月額500万円決済するツワモノがいたと仮定した場合、9月~12月の4か月間に2,000万円の決済。これで60万マイルが獲得できます。

1 2 3

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内