ラオスとの「レジデンストラック」、9月上旬に開始へ 長期滞在者の相互往来可能に

2020年8月24日 月曜日 6:16 午後

外務省

茂木敏充外相は8月23日、ラオスのサルムサイ・コンマシット外相と会談し、長期滞在者の往来を相互に可能とする「レジデンストラック」を9月上旬に開始することで合意した。

「レジデンストラック」は、入国後14日間の自宅などでの待機は維持しつつ、双方向に長期滞在者の往来を認めるもの。入国後14日間も行動範囲を限定し、ビジネス活動が可能となる「ビジネストラック」も、早期の運用開始に向けて調整する。さらに日本側は、ラオスからの国費留学生の早期入国を認めることを決定したことを伝達した。

茂木外相は、8月20日から25日にかけて、パプアニューギニア、カンボジア、ラオス、ミャンマーを訪問している。

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内