アドベンチャー、旅行以外のコンシューマー事業をすべて清算・売却

2020年8月18日 火曜日 4:55 午後

アドベンチャーは、旅行事業以外のコンシューマー事業を売却や清算し、経営資源を旅行事業に集中する。

AppAge、ビッグハートトラベル、スグヤクの3社を清算し、Wundouを丸井織物へ売却、EDISTとギャラリーレアの2社も売却を予定する。のれんや有利子負債を削減することで自己資本比率を高める。

Wundouの売却とAppAgeの清算に伴い3億2,100万円、子会社の店舗閉鎖で1億2,500万円、ソフトウェアで6,500万円の、計5億1,200万円の減損損失を計上した。

アドベンチャーが発表した2020年6月期決算は、営業利益が7億9,000万円、親会社の所有者に帰属する当期利益は3億円だった。2021年6月期の業績予想は非開示とした。

、宿泊施設との直接契約を増やすほか、バス商材や多言語商品の拡大、ポイントや会員ステータスの導入、アプリの強化を目標とする。

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内