日本とシンガポール、相互往来が可能となる「ビジネストラック」などを9月開始へ

2020年8月14日 金曜日 6:46 午前

茂木敏充外務大臣は8月13日、シンガポールのビビアン・バラクリシュナン外務大臣とシンガポールで外相会談と昼食会を実施し、両国間の往来が可能となる枠組みを9月に開始することに合意した。

合意したのは、入国後14日間も行動範囲を限定した形でビジネス活動が可能となる「ビジネストラック」と、入国後14日間の待機が必要で駐在員等を念頭に置いた「レジデンストラック」の実施。9月上旬までに、事務レベルで最終合意を目指す。

茂木外相にとって、新型コロナウイルスの感染拡大後、シンガポールがアジアで初の訪問国となった。

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内