伊豆諸島航路・航空路利用者向けに感染リスクを通知するサービス 8月12日から導入

2020年8月9日 日曜日 8:34 午後

東京都や小笠原村などは、竹芝客船ターミナルと調布飛行場で、新型コロナウイルスの感染リスクを知らせるサービスを、8月12日から導入する。

新型コロナウイルスの感染者が発生した際、感染者と同じ便の利用者に、メールで感染リスクを通知するもの。メールアドレスの登録は、竹芝客船ターミナルや二見港船客待合所、おがさわら丸船、調布飛行場内に掲示されているQRコードから可能となっている。

おがさわら丸航行中は、電波の圏外となる時間が長いため、小笠原海運ではサービス登録をできる限り乗船前に済ませるよう呼び掛けている。

詳細はこちら

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内