アラスカ航空、年末までにワンワールドに加盟へ

2020年7月23日 木曜日 10:24 午後

アラスカ航空

アラスカ航空は、年末までにワンワールドに加盟すると発表した。ワンワールドの加盟航空会社数は14社に拡大する。

ワンワールドの理事会の承認と、正式な招待を経て、加盟航空会社として選出された。アラスカ航空は今年2月に、2021年夏頃までの加盟と、アメリカン航空との提携強化の意向を示していた。

アラスカ航空の完全子会社であるホライゾン航空と、地域航空会社であるスカイウエスト航空も、アフィリエイトメンバーとして同時に加盟する。これにより、ワンワールドは、北米の34地点を新たにカバーすることになる。

アラスカ航空はすでに、アメリカン航空、ブリティッシュ・エアウェイズ、キャセイパシフィック航空、フィンエアー、日本航空(JAL)、カンタス航空の6社と、ワンワールド・コネクト・パートナーのフィジー・エアウェイズと共同運航(コードシェア)を行っている。

アラスカ航空のブラッド・ティルデン会長兼最高経営責任者(CEO)は、「業界の主要なアライアンスであるワンワールドのメンバーになれたことを嬉しく思い、この招待を受けたことを光栄に思います。このマイルストーンにより、西海岸およびそれ以降のお客様の接続性とサービスが向上します。ワンワールドは、ビジネスやレジャー旅行者が再び海外へのフライトを開始する準備が整った際、アラスカ航空の海外からの訪問者のためのネットワークを介したアメリカ国内での接続性の向上に加え、アラスカ航空の利用者のための巨大な国際ネットワークを開放します。我々は、既に協力している6つのワンワールド・メンバーとのより深い関係を構築することを切望しており、世界で最高の航空会社のいくつかである新しいパートナーとの協力を期待しています。」とコメントした。

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内