ANA、伊丹空港に自動手荷物預け機「ANA Baggage Drop」を導入

2020年7月14日 火曜日 12:05 午後

全日本空輸(ANA)は、伊丹空港の出発カウンターに、7月17日より自動手荷物預け機「ANA Baggage Drop」を8台導入する。

「ANA Baggage Drop」は、表示される操作案内に従い、利用者が預け入れ手荷物を機器に投入し手荷物タグを発行・添付することで、手荷物受託の手続きを簡単に完了できるサービスで、これまでに東京/羽田・札幌/千歳・福岡・沖縄/那覇の各空港に導入されてきた。伊丹空港には、1階に6台、2階に2台の計8台を導入し、5空港で79台の導入を完了することになる。

「ANA Baggage Drop」サービス導入により、出発カウンター全体のレイアウトとデザインの変更が完了する。これにより、同社が展開するシンプルでわかりやすい搭乗スタイル「ANA FAST TRAVEL」が推進されるという。(画像:ANA)

詳細はこちら

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内